独学で英語を話せるようになるためにおすすめな本2冊

books

こんにちは!今回は「留学しなくても英語を話せるようになる方法」について書きます。

最後にちゃんとお勧め本をご紹介しますので、まずはなぜその本がお勧めなのか?前置きを書きます。

ちなみによく、「英語を話せるようになるには留学しないと無理でしょ?」「いや、とりあえず英会話スクールに行こう!」なんて声を聞いたりします。

もちろん英会話スクールも時には有効です。ですが、実は英会話スクールに行かなくても、英語を話せるようになる方法があります。

 

同時通訳の神様、國弘正雄先生とは?

まず、皆さんは「國弘正雄」先生をご存知でしょうか?

同時通訳の草分け的存在であり、英語界では大変著名な方なのですが、そんな國弘先生が提唱されているのが、「只管朗読」という方法です。

英語力を飛躍させる「只管朗読」とは?

「只管朗読」とは、簡単にいうと「音読」のことです。実はこの音読が、語学学習の上では肝なのです。

英語の語学学校であったり、souspeak.com

英語塾であったり、katsuura-eigojuku.com

英語の人気講師なども、president.jp

実はこの「音読」については取り上げたりしていて、至る所で「音読」は推薦されているのです。

そう、英語を話せるようになるポイントは、実は「音読」なのです。

 

ただ闇雲に音読だけしていてもダメ

ただ、音読だけしていれば英語を話せるようになるかというと、そういう訳ではありません。

英語界で著名な安河内先生の良記事があったので記載しておきます。
toyokeizai.net

要は、完全に単語・文法・発音・イントネーションなどを理解した英文を、何度も何度も繰り返し音読することが重要ということです。

読み方については、この記事にもあるようにシャドーイングであったりリテンションであったり、色々と試してみるのが良いと思いますが、とにかく1日5分でも毎日続けることが大事です。

ある程度音読練習を積んだあとは、実践あるのみ!ぜひFRONの国際交流イベントに参加してみて実践していきましょう!

英語ネイティブの本音

ちなみに日本在住の英語ネイティブからは、良くこんな声を聞いたりします。

・日本人に会う度に英語教えて!!と言われるので、ちょっと疲れる
・日本語を練習したかったのに、ずっと英語で話されると付き合いたくなくなる
・ランゲージエクスチェンジを始めてみたけど、相手があまりにも英語を話せないと会話が続かない。日本人は分からないととりあえず笑ってごまかすでしょ?

などなど…

ちょっと耳が痛い内容ですが、中々的を得ている意見もあるのかもしれません。ランゲージエクスチェンジは、お互いの言語レベルがある程度あると続きやすいのかもしれませんね。

皆さんも音読練習をしてから、スタートしてみてはいかがでしょうか?

 

英語の独学でお勧めの書籍2つ

1. 初心者~中級者向け

まず初心者の方にはこちらの音読教材がお勧めです。

中学英語からやり直さないとな〜と思っている方に最適です。

続編もあります。

こちらはシリーズもので、標準編など他のレベルもありますので、自分のレベルに合わせたものを選ぶことをお勧めします。

2. 中級者~上級者向け

中級者以上の方にお勧めなのがこちらです。

こちらは本当に良書で、この本をしっかりやれば、大抵の外国人とコミュニケーションがとれるようになることは間違いないでしょう。

筆者はこの本のおかげで飛躍的に英語力が向上し、外国人とコミュニケーションがとれるようになりました。

こちらにも続編がありますので、レベルの高い方はこちらがお勧めです。

以上、独学で役立つ英語教材でした!

 

英語を話せるようになる方法3つ

ちなみに、以前とあるニュースで、多くの人が英語学習で挫折するのは「続かないからだ」という意見がありました。

これは確かにその通りなように思いますし、中々勉強を長い期間続けるのは難しいように思います。

そこでここからは、「英語を話せるようになる方法」を角度の高い順で考えてみました。

1. 留学する

やはり「留学する」のが、一番英語を話せるようになるための現実的な方法なように思います。英語を話せるようになるには、海外に行ってしまうのが手っ取り早いということです。

語学学校であったり、現地の大学や大学院であったり、インターンシップであったり。現在では色々な留学方法があります。

留学してもずっと日本人コミュニティにいたら、英語を話せるようにはならないのでは?という指摘もあるかもしれません。

ですが、大半の人は留学すれば、「せっかく来たのだから…」と、英語を勉強する人が多いのではないでしょうか?

なので、とにかく留学してしまえば、高確率で英語を話せるようになる気はします。社会人になってしまうと、仕事をやめたりしないと長期では無理かもしれません。

ですが最近では格安・マンツーマンなのに0円留学など、色々な留学方法も出てきているようです。一度無料の資料請求をしてみても良いように思います。

無料の資料請求はこちら↓

2. 外国人の恋人 or 言語交換相手を作る

次に来る方法は、これかと思います。

特に相手の外国人の方がそんなに日本語が分からない場合、こちら側も必至で勉強せざるを得ない状況(=英語を勉強する必要性に迫られる)になりますので、結果として、英語を話せるようになる確率は高まるでしょう。

ポイントは「この必要性に迫られる」ことかと思っています。必要性に迫られない限り、多くの人が頑張るのは中々難しいでしょう。

外国人の恋人候補や、ランゲージエクスチェンジパートナーには、一体どこで出会えば良いんですか?

という方にはこちら↓ 笑

ランゲージエクスチェンジ(言語交換)の相手を東京で見つけるならココ

ただ、東京近郊以外にお住いの方にはマッチ・ドットコムなどもあるでしょう。

 

3. 英会話スクール + 独学

最後の3つ目は、英会話スクールやオンライン英会話を活用する方法です。ポイントは、英会話スクールに行きつつ、自分で勉強する点です。

英会話スクールからしたら、いつまでもお金を払って欲しいところではあります。なので、「多少英語を話せるようになりましたが、まだまだ勉強する必要はありますよね!」という形で、スクールを継続的に勧誘してきます。

つまるところは、実は顧客に英語を話せるようはなって欲しくないところも多いということです。

なので、ある程度英会話スクールやオンライン英会話は利用しながらも、独学で英語をモチベーションを保って、いずれは止める前提で入会するのが良いのでしょう。

 

(おまけ)英会話サークルや朝活英会話

ちなみに、英会話サークルや朝活の英会話はどうですか?という意見もあるかと思います。

英会話サークルなどは、「英語に関心のある友達を作る場」、「社外の人脈作りの場」、「モチベーションを維持するための場」、ひょっとすると「彼氏・彼女を作る場」にはなりうるかもしれません。

それらは「素晴らしい出逢いの場」ではありますが、「英語上達のための場」ではないことが多いかもしれません。

以上、いかがでしたでしょうか?

ぜひ自分にあった方法で、英語能力を上達させていきましょう!

  • LINEで送る

SNSでFRONの最新情報をゲット♪