昭和元禄落語心中や赤めだかなどの落語ブーム!観たくなったら渋谷へGO!

(画像出典:落語を堪能するなら、風情ある建物で。 | Tokyo Guide | Pen Online

こんにちは、Choraです。

最近「落語」が来てるなァとぼんやり思いながら生きています。とくにこの年末年始からというもの、落語をテーマにした作品を観る機会が増えました。

代表的なものは、2016年冬(新春)のオススメアニメのひとつとしてもご紹介した「昭和元禄落語心中」ですね。原作もとても面白いです。

他にも、二宮和也主演で話題となった年末のTBSスペシャルドラマ「赤めだか」や先週末から公開が始まった松山ケンイチ主演の映画「の・ようなもの のようなもの」など、落語をテーマにした作品に注目が集まっています。

「赤めだか」は私も観ましたが、笑って泣けてほっこりする良い作品でした。3月にDVD/ブルーレイ版の発売も決まったので、見逃してしまった方は是非そちらでお楽しみください。累計18万部を突破した立川談春氏の原作エッセイもオススメです。

さて、こうして落語という文化が身近になってくると、「生で観たい」という気持ちが湧いてきませんか?そんな方にオススメしたいイベントがあります。

それは「渋谷らくご」です。

「渋谷らくご」とは

寄席のない渋谷に誕生した定期落語会で、毎月第二金曜から5日間、渋谷Bunkamura近くの「ユーロライブ」で開催されています。

eurolive.jp

入りやすい落語会

本来、落語というものは「寄席(よせ)」で観るものであって、東京でいえば、新宿末廣亭・浅草演劇ホール・池袋演芸場・上野鈴本演芸場などが挙げられます。

でも、いかんせん寄席というものは玄人向きといいますか、いかにもという感じがして初心者はどうも入りにくい。

f:id:businessdeawee:20160118160323j:plain
(出典:落語を堪能するなら、風情ある建物で。 | Tokyo Guide | Pen Online

一方で、渋谷らくごの開催場所であるユーロライブは映画館としても使われている場所ですから敷居の高さはありません。場所選びからして「初心者が安心して見られるように」という主催者の気遣いが感じられます。

選べるスタイル6種類

また、渋谷らくごは会のスタイルが6種類あり、自分の好みにあった形式で楽しめるのも魅力のひとつです。

渋谷らくご 三~四人の実力派真打から二つ目の落語家に、ひとり三十分くらいずつたっぷりと語ってもらう。
ひとりらくご ひとりの落語家に五十~六十分で一席まるごと語るもの。演目を事前に発表することもある。
ふたりらくご 二人の落語家が三十分ずつ語るもの。
創作さくご 演出自らが創作した新作落語の会。
しゃべっちゃいなよ 新しく造った噺を初めてお客に披露する会。
まくら王 噺家ならば、まくらだけでも満足させてくれ。四人の落語家がまくらを披露し、最後に落語を一席。
※まくら・・・本題の前に披露する軽い小咄など

(出典:初心者でも楽しめる「渋谷らくご」|ユーロライブより筆者作成)

個人的には、まだ観たことがない「まくら王」が気になっています。

参考

渋谷らくごについては、先日リポート記事がバズっていたので、合わせてご覧頂くとより理解が深まると思います。

nlab.itmedia.co.jp

以上、Choraでした。ではでは。

  • LINEで送る

SNSでFRONの最新情報をゲット♪