ガラスペンとは?万年筆よりもガラスペンが欲しい件。

ガラスペン

こんにちは、Choraです。

外国人と交流していると自国のことを紹介する機会が増えるんですよね。
ということもあって、最近日本の文化とか技術の情報にアンテナを張っています。

そんな私がいま気になっているのがガラスペンです!

ガラスペンとは?

ガラスペンは、1902年(明治35年)に日本の風鈴職人である佐々木定次郎氏によって開発されたガラス製の筆記用具です。

見た目が美しいだけでなく、万年筆などの金属ペンと比較してインクの持ちがよく、また水洗いするだけで簡単にインクの色を変更できるという利便性から、実用性の面でも大変優れています。

工芸品として注目を浴びているガラスペン

とはいえ、いくら実用性が高いといってもボールペンには勝てず、現代では使用される機会もだいぶ減りました。

しかし、1989年(平成元年)、ペン先から軸まで全てガラスで作られた一体型ガラスペンの登場により事態は好転します。

工芸品として再び注目を集めるようになったのです。そして様々なメディアで取り上げられるようになり、私も知りました。

なお、このあたりの歴史は前述の佐々木定次郎氏の弟子が率いる佐瀬工業所のホームページで詳しく紹介されていますので、気になる方は合わせてご覧ください。

1本1本、手作りでつくられている

そんなガラスペンですが、美しいねじり模様を実現するためには左右の手を同じ速さで回し続ける技術が必要です。

そのため、佐瀬工業所製のガラスペンは、1本1本すべて手作業でつくられているそうです。

おかげで注文してから手に入れるまでに数か月とかなり時間がかかってしまうのですが(笑)、それでも欲しくなる一品です。

同社製のガラスペンはそのクオリティの高さからなんとGUCCIにも採用されたそうです。まさに世界に誇れる日本の職人技ですね。

丁寧に使えば一生モノですし、これは買うしかないなと思うChoraでした。

おすすめのガラスペン

  • LINEで送る

SNSでFRONの最新情報をゲット♪


英語を話したい方は?
FRONのLINEで最新情報をゲット♪

台湾人の友達を作るなら?
日台交流会LINEで最新情報をゲット☆

日本語で外国人と交流するなら?
にほんご交流会LINEで最新情報をゲット★