独学で英語を話せるようになるために絶対役立つおすすめ本2冊

books

こんにちは!

今回は「留学しなくても英語を話せるようになる方法」について書きます。

最後にちゃんとお勧め本をご紹介しますので、まずはなぜその本がお勧めなのか?前置きを書きます。

ちなみによく、「英語を話せるようになるには留学しないと無理でしょ?」「いや、とりあえず英会話スクールに行こう!」なんて声を聞いたりします。

もちろん英会話スクールも時には有効です。

ですが、実は英会話スクールに行かなくても、英語を話せるようになる方法があります。

 

同時通訳の神様、國弘正雄先生とは?

まず、皆さんは「國弘正雄」先生をご存知でしょうか?

同時通訳の草分け的存在であり、英語界では大変著名な方なのですが、そんな國弘先生が提唱されているのが、「只管朗読」という方法です。

英語力を飛躍させる「只管朗読」とは?

「只管朗読」とは、簡単にいうと「音読」のことです。実はこの音読が、語学学習の上では肝なのです。

英語の語学学校であったり、souspeak.com

英語塾であったり、katsuura-eigojuku.com

英語の人気講師なども、president.jp

実はこの「音読」については取り上げたりしていて、至る所で「音読」は推薦されているのです。

そう、英語を話せるようになるポイントは、実は「音読」なのです。

 

ただ闇雲に音読だけしていてもダメ

ただ、音読だけしていれば英語を話せるようになるかというと、そういう訳ではありません。

英語界で著名な安河内先生の良記事があったので記載しておきます。
toyokeizai.net

要は、完全に単語・文法・発音・イントネーションなどを理解した英文を、何度も何度も繰り返し音読することが重要ということです。

読み方については、この記事にもあるようにシャドーイングであったりリテンションであったり、色々と試してみるのが良いと思いますが、とにかく1日5分でも毎日続けることが大事です。

ある程度音読練習を積んだあとは、実践あるのみ!

ぜひ国際交流イベントに参加してみて実践していきましょう!
fron.tokyo

英語ネイティブの本音

ちなみに日本在住の英語ネイティブからは、良くこんな声を聞いたりします。

・日本人に会う度に英語教えて!!と言われるので、ちょっと疲れる
・日本語を練習したかったのに、ずっと英語で話されると付き合いたくなくなる
・ランゲージエクスチェンジを始めてみたけど、相手があまりにも英語を話せないと会話が続かない。日本人は分からないととりあえず笑ってごまかすでしょ?

などなど…

ちょっと耳が痛い内容ですが、中々的を得ている意見もあるのかもしれません。

ランゲージエクスチェンジは、お互いの言語レベルがある程度あると続きやすいのかもしれませんね。

皆さんも音読練習をしてから、スタートしてみてはいかがでしょうか?

 

英語の独学でお勧めの書籍2つ

1. 初心者~中級者向け

まず初心者の方にはこちらの音読教材がお勧めです。

中学英語からやり直さないとな〜と思っている方に最適です。

続編もあります。

こちらはシリーズもので、標準編など他のレベルもありますので、自分のレベルに合わせたものを選ぶことをお勧めします。

2. 中級者~上級者向け

中級者以上の方にお勧めなのがこちらです。

こちらは本当に良書で、この本をしっかりやれば、大抵の外国人とコミュニケーションがとれるようになることは間違いないでしょう。

筆者はこの本のおかげで飛躍的に英語力が向上し、外国人とコミュニケーションがとれるようになりました。

こちらにも続編がありますので、レベルの高い方はこちらがお勧めです。

以上、独学で役立つ英語教材でした!

  • LINEで送る

SNSでFRONの最新情報をゲット♪